So-net無料ブログ作成
検索選択

蚊がいない? [メディアから]

例年この季節になると、夜寝るときに耳元で蚊の羽音が聞こえる事が多いですね。
『プ〜ン』という音には苛立たしい思いをするのですが、
今年は聞こえてきません。

同じような感想を持つ人がいるのではないかと思い、検索してみたら
やはりブログに書いている人がいました。 青梅市に住んでおられる方です。

http://r10.to/hBtMTg #r_blog
ニックネーム,カルドメックさん(愛犬家らしく、殺虫剤の名称)
2011年05月29日の記述

(引用)
- 今年は蚊がいない???
[カルドメック ]    

いつも、例年なら3月の終わりには蚊が出てくる。
朝、犬の散歩に雑木林に入ると「ブーン」と寄ってきては
サンダルから出た足の指あたりを刺して蚊は朝食にありついていた。
だからうちの犬は欠かさず4月頃から「フィラリア」の薬を毎年投薬している。
薬代は高いが愛犬の命には代えられない。
(中略)
それはさておき、この6月になっても散歩で雑木林に入っても蚊が寄ってこないのだ。
寄ってこないということはいないということだ。
こんなことは青梅に越してきて23年間で初めてのことだ。
我が家の門柱にいつも水たまりができるのだが、そこに毎年ボウフラがわく。
そうすると油をたらし、呼吸できなくして殺しているのだが、今年はまだ一匹も見ていない。
どうしたことか?害虫がいないのは

ありがたいが、何か気持ち悪い。

それにまだある。いつもうちの愛犬はこの時期、雑木林に入ると無数のダニの被害に遭ってくる。
ダニは大きくなると小豆大の大きさだでぶらぶら揺れている。(中略)

で、今年は蚊だけじゃなく、ダニも発生していない。
ダニとり薬を全く使わずに今日まできている。
いつもなら小豆大のダニがぶらぶら耳のあたりにぶら下がっている頃だ。
小さいダニもいない。

どういうことか?薬は来年も使えるからいいが…我が家の周辺のダニは絶滅したか?

(引用終わり)

この女性は5月29日の時点で「蚊がいない」と書いています。
さらに愛犬のダニもいないとも言及しています。

私は放射線の影響ではないかと危惧しています。

もしそうなら今年の夏は個人的にはクーラーは不要ですね。
床につくたびに背筋の寒い思いをするでしょうから.

あるいは蝉も出てこなかったら…レイチェル・カーソンの「沈黙の春」の世界です。
あれは「殺虫剤・農薬」の話ですが。
殺虫剤でも今は「ネオニコチノイド」系統が凄い威力で,
それだけでも『沈黙の春』は間近ではないかと思わせます。
分子レベルの微量で昆虫を殺傷しているので,蚊や蝉にとっては放射線以上の脅威であるかもしれません。
ミツバチの大量死の原因であろうと疑われていますね。

近所にめっきり少なくなった野良犬や野良猫たちも心配です。
この社会には町に人間と家畜以外の生き物がいることに嫌悪感を持つ人がたくさんいるようなので
そうした人々にとっては理想の環境が出現しつつあるのかもしれません。。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

さいたまん

埼玉県南部在住です。

私も感じてました。
毎年GWあたりから蚊に悩まされていますが
今年は全くと言っていいほどいません。
ちなみにコバエも今年はいません。

ただただ不気味です・・・

by さいたまん (2011-06-30 23:45) 

丈

さいたまんさま

コメントありがとうございます!
やはり,蚊がいないと感じておられるのですね.
でも先日、腕に大きな奴がとまったので
まったくいないわけではなさそうです。

夜は相変わらず耳元で羽音がせず,静かですが。

さすがにゴキブリはよくみます。
by (2011-07-05 17:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。