So-net無料ブログ作成
検索選択

ピカソとジャコメッティ [美術史]

ジロー.jpg

フランソワーズ・ジロー「ピカソとの生活」(瀬木慎一訳)を参考に
ピカソとジャコメッティの関わり、絵画観の違いを考えてみたいと思う。

時代は1947年か8年頃、アネットと結婚する前後
細長い彫刻に到達した直後の時期である。

「パリにいた時、私たちはサンジェルマン・デプレにある『プラズリ・リップ』で
よく食事した。パブロがくつろぎたいと思う時には、私たちと一緒の席で話のできる
芸術家を、そこに連れてきていた。彫刻家のジャコメッテイは彼のお気に入りの一人
だった。

私たちが夕方、リップの店の前で彼に会うと、いつもかれは、土が身体に
付いているようであり、服と髪は、いっぱいに灰色の塵をかぶっていた。

『君はジャコメッティのアトリエを見るべきだ。』とパブロは、ある夕方、
私に言った。『二人で彼を訪問しよう。』リップから帰る途中、
彼はジャコメッティに、いつ行けば会えるかと尋ねた。

『午後の一時前に来てもらえれば、いつでもいる。』と彼は言った。
『それより早くは起きないから。』」


★この返事がジャコメッティらしくて面白い。夜寝ないで仕事して
午前中寝る、という彼にとって当たり前の生活パターンが、ジョーク
聞こえてしまう。

★ピカソはジャコメッティに敬意に近い好意を持っており、彼のアトリエに自分から
訪れている。ピカソは70代の押しも押されぬ巨匠、ジャコメッティ は40代半ばの
中堅で、独自の様式が世界で評判になり始めた時期である。

日本の70代の「巨匠」は30歳も若い作家に表敬訪問したりするだろうか…。
ピカソは「洗濯舟」の時代の自分を思い出していたのかもしれない。
フランソワーズ・ジローはこの時20代後半、ピカソと出会ったときは
まだ22歳の画学生だった。

(つづく)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。